駒場東大前で本場イタリアの味!シュークリームの名店に突撃

こんにちは、こむです!

今回はお店の紹介記事です!

私が紹介するお店は3つのポイントで紹介していきます!

「美味しさ」
「雰囲気」
「スタッフの温かさ」

今回は素敵な素敵なスイーツのお店をしていきます!

ところで皆様にとってほどよい距離感とは何を浮かべますか?

「遠すぎず、近すぎず」

「強すぎず、弱すぎず」

「濃すぎず、薄すぎず」

どちらにもつかないイメージが僕にはあります。

何か極端な例えと例えの中間のイメージですよね!

渋谷・新宿・横浜などの繁華街もいいけど

近くの駒場東大前・北参道・馬車道みたいな

静かだけどアクセス良好。

みたいな場所に昔から魅力を感じます。

そんな駒場東大前で降りたら

是非、寄ってもらいたいお店がこちら。

目次

Il Bignè(イルビニエ)

f:id:com11-4k:20171124123151j:image

渋谷駅から京王井の頭線で2本。

駒場東大前駅の西口改札から3分ぐらい。

上の手作りで仕上がるお店が見えたらIl Bigneです!

マクドナルドやセブンイレブンを超えた先にありますよ!
非常にわかりやすいと思います。

そもそもBigneって何?

お店の名前の由来でもある「Il Bigne」

意味はシュークリームという意味。

元々、シュークリームの発祥はフランス!

と、思われがちですが、半分正解です。

16世紀ごろ、イタリアのメディチ家という

トスカーナ・フィレンツェの貴族のお嬢様が

フランスの王子様のとこに嫁ぐ際、専属のパティシエを連れていき、

そのパティシエがパータ・シュー(現在のシュー生地)

を持ち込み、それが美食の文化フランスで栄えたのがきっかけ!

なので、イタリアでも馴染み深いお菓子なのです!

店主のHさんの師匠は
フィレンツェの3つ星
「エノテカピンキオーリ」
のパティシエです!

お店とオーナーのHさん

お店の座席数は3席程度と広くはないです。

いや、逆にゆっくりパートナーや友達とカフェに来た

みたいな方には向かないお店とはお伝えします。

しかしここが最大の魅力。

オーナーのHさんの人柄を知れば何回でも買いに行きたくなるに違いありません。

とても柔らかなお人柄に、本当に心からお菓子が大好きなのが伝わってきます。

そして僕自身、このお店があるから駒場東大前に引っ越しを考えるぐらいです。

気になるお味

今やコンビニのスイーツもかなり美味しい。

いや、申し分ないです。

しかし、比較してくれればわかります。

クリスピーにサクッと仕上げた生地に

程よい甘さのクリームが絶妙にマッチしてて病み付きです。

近くのセブンイレブンのシュークリームを一緒に買って食べてみるとわかります。

笑っちゃいます。

値段は340円(税込)

食べてみてください!

個人的にメレンゲはめちゃくちゃお勧めです!
常時売っていると思いますが、電話確認後合わせて、買ってみてください:)

名称: Il Bigne(イルビニエ)
所在地: 〒153-0041 東京都目黒区駒場1丁目33−6−104 東京シティビル
電話: 03-5738-2875
定休日: 月曜・火曜日
営業時間: 11時30分~18時00分
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13152020/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなに報告!

コメント

コメントする

目次
閉じる