【味は極上!】新宿のイタリアンは隠家。

今日も雨だ。

*お勧めイタリアンの紹介記事です。

目次

梅雨ってこんな長いの?

下記、記事には梅雨の話を冒頭にしたため、リンクされております。

どんより。 雨が嬉しそう。喜ぶ姿が幸せと謳ってきたが、自分の言葉で首を絞めてる。雨終わってください。

と、どうしても気圧の変化か頭痛に今日も悩まされる。頭が痛いのは酸素不足?いや違う。

わからないが、髪が長いから鬱陶しく感じてきた。いっそものすごく、短くしたい。

しかしお母ん、見ていますか。このブログを。あなたの一言で悩んでる息子はここですよ。

かずきは顔長いから短いと余計長くなるからやめなさい。

いつからか。私は髪を短くするという選択を排除していたのは、、

崩れ始めた天気により、外でご飯は中止だ。

そんなお空は回復の兆しを見せることないので、私を断髪 in 新宿に向かった。。なぜ新宿かというと、気になるイタリアンがあるからだ!

美容室の後…

今の気分は最高だ。髪を切って軽くなり心なしか頭の痛みは消えていた。問題は想像以上に早く終わったことだ。

1時間足らずで終わり、目星のイタリアンへ足を運ぶ。もちろん1人だ。喧騒な街から少し人気の減る新宿御苑に向かった。

普段は念入りに調べるが、今回はたまたま検索上位であったオステリア、イタリアンにした。理由は情報過多だからだ。

10分前に予約の電話を入れた。

….はい。ヴィンチェロです。

暗っ!てか愛想ないなぁ。同業として評価低いなこれは。悩むな。いや、でもここでやめるのは失礼だな。

今日ってランチやってますか?

..はい、やってますよ。12時から。何名ですか?

この後向かうので12時05分ごろになるんですが、一名です。

名前と電話番号伺ってもいいですか。
…それではお待ちしております。ガチャ。

お先が不安で仕方ない。しかし、あくまでいくのはオステリア。

日本でいう、定食屋さんのようなイメージである。決して、割烹などではないし、金額もランチで¥1,500ほどだ。電話応対を機にすることではない。。新宿御苑にむかう。

オステリア ヴィンチェロ

新宿駅から歩いて20分ぐらいは歩く。晴れていれば15分くらいだろう。靖国通りを曙橋に向かって歩き、途中で左に曲がる。

半地下とまではいかないが、少し潜った設計になっている。

出迎えてくれたのはオーナーらしき人。サービスは電話と同じスタンスであった。席への案内も、電話通りだったので驚きはなかった。メニューの内容は至ってシンプル。

  • Menu A (スープ,pasta のみ)
  • Menu B (Main 付き)

入った矢先から聞こえる怒号に職人らしさを感じ逆に魅力が湧いてきた。

mainコースを悩んだが、1人で食べにきたのもあり、Pasta Lunchにした(後に後悔する)

お客が私だけだったので、最初のお皿は3分ほどで来た。そしてワインんお勉強のためお昼からペアリングも依頼していた。

最初のお皿はトマトの冷製スープだった。想像していたよりも優しい。塩味は割としっかりしていたが食材の味がわかる味付けであった。こちらに合わせてくれたのは果実をしっかり感じるピノビアンコだ。

独特の苦味、しっかりとしたBodyに単体で飲むと強く感じたが、一緒に飲むとどうしたものか、Zuppaも負けていない。

いや、ワインが綺麗に後を引き、スープとディルのハーブの香りが戻ってくる。

素晴らしい、、!


f:id:com11-4k:20170726133353j:image

Pastaのタイミングも絶妙だった(これはたまたまだと思う。)

リガトーニ キノコと3or4種のチーズのパスタだった。これにはChiantiの先駆者,Castell’in villaのChiantiが登場した。

Castellin villaのキャンティクラシコはキャンティらしい鉄っぽさ、力強さが印象的なワインだ。

美味い。

チーズをかなり詰めたソースに炒めたキノコの香りが口中に広がりそれを酸のあるキャンティが綺麗に流してくれる!

美味い!

夏、真っ盛りに食べたが全然くどくない。美味い。…大変失礼しました。いやーここまで美味しいのは驚きだった。もちろん最後までオーナーの方は冷たいし、愛想はない。寡黙とかではない。だが、美味い。


お会計ください。

ありがとうございます。

驚き

驚き!!

驚き!!!

税込価格。驚きの連続でした。ワインも料理もとっても美味しかったです。本当に紹介したいぐらい。 質の高い料理にまたパスタの味が決まっていて素晴らしい。内容と価格が見合ってなくて本当に安いと感じるお店。まあ総じてシェフの接客も納得です!根っこからのクールコアです。


電話対応を聞いていると夜の予約はお酒が飲めないと予約を断るみたいです。

しかし絶妙なシェフの料理と選ばれるワインのマリアージュはまさに結婚の象徴。おしどり夫婦で円満な関係だ。

とにかく接客もぶっきらぼうで問題なければおすすめのお店だった。

名称:ヴィンチェロ (Vincero)

所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目1−13 丁目 1 階
電話: 03-5367-1967
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13004299/

今はもうランチ営業はやってないみたい。 2021/6/7付

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなに報告!

コメント

コメントする

目次
閉じる